お知らせ

【お知らせ】書籍「臨床ナースのための 看護力検定(R)実践問題集」を刊行いたします

お知らせ

全国書店・WEB書店にて11月発売開始!

平素より看護力検定をご愛顧いただきありがとうございます。

このたび書籍「臨床ナースのための 看護力検定(R)実践問題集」を発行する運びとなりました。

第1回、第2回検定出題問題に加えて、薬剤領域の基本が学べるコラムや参考問題を掲載し、さらに深く学べる一冊となっております。

ぜひ、受検前の対策や受検後のフォローアップにご活用ください。

>ご購入はこちらから


●監修のことば

 超高齢時代には、プライマリーケアが重要です。ナースはこれまで以上に広い視野とジェネラリストとしての幅広い知識や技術・経験が求められます。そればかりでなく自ら考えて判断する力をつけることがますます求められるようになってきました。

 とはいえ、知識や技術を身に付ける経験をする機会が誰にでもあるわけではなく、皆さんは何をどう備えたらよいのか漠然としているかもしれません。

 「看護力検定(R)」は、医療・看護に関する幅広い知識を振り返り、ブラッシュアップし、一つでもナースとしての引き出しを増やすきっかけになればとの考えから生まれました。

 自身がこれまで経験したことがないことや、今所属している組織や部署ではあまり関係がない問題もあると思います。「看護力検定(R)」は、正解することが一番の目的ではありません。点数が高くなくても、がっかりすることはないのです。解説をみて理解し、これから先、現場で役立つかもしれない引き出しを一つ増やしたと思って、関心を寄せるきっかけになればよいと考えています。

 また、国家資格である看護師には、患者に対し生涯学び続ける義務があります。自身の看護力をときどき客観的に振り返り、強み・弱みを知ったうえで、プロフェッショナルとして働き続けられる力を磨くための身近なツールとして「看護力検定(R)」を活用してもらえれば幸いです。

 当問題集では、過去の出題問題の一例と類題を紹介し、正解率が少し伸び悩む傾向があった薬剤領域の基本を学ぶコラムを掲載しました。まずは当問題集で力試しをして、本番の「看護力検定(R)」にも楽しんでチャレンジしていただければと思います。

北里大学病院副院長・看護部長 別府千恵


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


タイトル:「臨床ナースのための 看護力検定(R)実践問題集」

編集:看護力検定(R)委員会

予価 : 1,650円(本体1,500円+税) 

サイズ : A5判 128頁 

ISBN-10 : 4-8404-7180-0   

ISBN-13 : 978-4-8404-7180-0  

「看護力検定(R)」は、2018年にスタートしたオンラインで受検できる全国統一検定。いま求められている看護のジェネラルな力を、現場ならではの事例問題、基礎知識を問う一問一答で客観的に測ることができる。本書では、「看護力検定(R)」に出題された問題と解説のほか、参考問題と、検定結果から苦手領域であった薬剤領域を学べるコーナーを補完。自身の現レベルの確認や、日ごろの学びの振り返り、今後の受検対策など幅広く活用できる一冊!


>ご購入はこちらから

お知らせ一覧へ